初めて振袖を着たのは成人式の時でした。その後、冠婚葬祭で着たのは友人の結婚式の時だけで、数回しか着ていません。

冠婚葬祭で着る振袖について
冠婚葬祭で着る振袖について

振袖を冠婚葬祭で着る機会は案外少ないです。

振袖を着るのは成人式と結婚前に結婚式に招待された場合など、冠婚葬祭で着る機会を考えると、それほど無いと思います。
高い振袖を買って、ずっと箪笥に仕舞って置いてますが、私の成人式の頃はレンタルのような店が無かったと思います。
今はネットでレンタルを出来るので、その方が良いと思います。
結局、昔の振袖なので、娘もあまり着たがらず、成人式と友達の結婚式に着たぐらいです。
成人式の前に、母と買い物に行きましたが、呉服店回りをしたあの頃の事を今でもよく覚えています。

やっと気に入った振袖の柄を見つけた時はほっとしました。
思った以上に中々気に入った振袖が決まらずに時間がかかりました。

しかし、最近はネットでレンタルの豊富な柄を見ると、とても良いのが多く、最近はネットで選びたい人の気持ちも分かります。
ネットのある専門サイトでは冠婚葬祭用の、着物や、礼服など何でも揃える事が出来るので便利になりました。
ずっと箪笥に眠っている振袖を偶に取り出し、広げて陰干しのような事をする必要があるようです。
成人式の日は近所の美容院へ行って、先ず髪をセットして貰い、その後そこで着物の着付けをして貰いました。
母も着付けは出来ますが、あのような特別な時はプロにお願いする方がピシっと決まるので、美容院で着せて貰うように言われたものでした。
そういえば、母は着物も縫えて、小さい頃、一着、縫って貰った事があります。
母は自分の着物は殆ど自分で縫っていたような気がします。