親戚の結婚式と自分の結納という冠婚葬祭の時に振袖を着用しました。華やかで良い記念になりました。

冠婚葬祭で着る振袖について
冠婚葬祭で着る振袖について

冠婚葬祭での振袖着用

振袖は2回ほど着る機会がありました。
1度目は親戚の結婚式の時です。
学生の時で、パーティドレスと悩みましたが、母の勧めで振袖になりました。
着物自体着る機会が全くと言っていいほど無いので、着慣れず着付けの際も大変でしたが、振袖は色鮮やかで和服も華やかで良いものだなと思いました。

2回目は成人式で振袖を着なかったので、振袖が着れる最後の機会になる、自分の結納の際に着用しました。
ヘアスタイルも色々調べ、控え目でかわいらしい振袖に合うヘアスタイルにしました。
振袖を自分で選んだり、レンタルしても良かったのですが、せっかくなので昔、お婆ちゃんが買ってくれたという、母が大事にしている振袖にしました。
お母さんもお婆ちゃんも2人とも喜んでくれました。
向こうのご両親も喜んでくださり、とても良い、思い出の残る結納の場になりました。
せっかく振袖を着たからということで、記念に写真館で写真も残しました。

今は結婚式のゲストでもパーティードレスが主流なので、中々振袖や和服を着る機会も無いと思いますが、日本人として和服は素敵なものだと思っています。
着慣れていないので着付けは大変ですが、披露宴や冠婚葬祭で和服の女性を見ると華やかで綺麗だなと思います。
振袖は未婚の女性が着用すると聞いているので、結婚してしまったのでもう着用できませんが、和服自体はこれからも機会があれば着たいと思っています。
いつか娘が出来たら成人式などでも着させてあげたいです。