冠婚葬祭の成人式の時に買ってもらった振袖を、成人式、卒業式で、黒引き振袖を自分の結婚式で着用したことについて。

冠婚葬祭で着る振袖について
冠婚葬祭で着る振袖について

冠婚葬祭の成人式で着た振袖

冠婚葬祭の成人式で、母親から振袖を買ってもらいました。
始めは、たった1度か2度しか着ない振袖に大金をかけるのはもったいないのでいらない、と断っていました。

しかし、母は娘の私に振袖を買うことがとても大事だと思っていて、しぶしぶ振袖販売会場へ行ったことを覚えています。
着物のことは全くわからず、色も柄もどういったものを選べばいいのか困りましたが、何着か試着していくと、自分の着たい色や柄が分かってきました。
私の買いたい振袖の色を母が反対したり、なかなか決められずにいましたが、最終的には気に入ったものを購入することができました。

もちろん、成人式には買ってもらった振袖を着て出席しましたが、結局振袖を着ている時間は式に出席している間と、写真を撮ってもらう間だけでした。
こんなに高額な着物をたった1度しか着ないなんてもったいない、と思い、その年の専門学校の卒業式にも着ることにしました。
卒業式では振袖に袴、ブーツというスタイルで出席しました。
成人式よりも卒業式に着たこのスタイルが私は気に入っています。
着物なのにブーツを履いていることがなんともお洒落な感じがしました。

自分の結婚式で3度目の振袖を着る機会がやってきました。
母も祖母も成人式の時に買った振袖を着ることを強く勧めてきましたが、この時私は黒引き振袖を着ることにしていました。
この黒引き振袖こそ一生に一度の着る機会だと思い、それを少しの時間しか着ないのはとてももったいないと思い、成人式の振袖を着ることはしませんでした。
今も実家で眠っている振袖に、また誰かが着てくれる機会が訪れて欲しいものです。