冠婚葬祭で着る華やかな色の振袖について。いろんな柄、色がありますが自分に合う柄と色を選びたいですね。

冠婚葬祭で着る振袖について
冠婚葬祭で着る振袖について

冠婚葬祭で着る華やかな色の振袖

冠婚葬祭でも華やかないろどりを添える振袖ですが、成人式に購入するひとがほとんどでしょう。
結婚式などでも着られるものを選ぶなら色、柄にもこだわりたいですよね。若々しい華やかさが大事だと思うので、明るい色を選ぶのもいいと思います。
明るい色を元気よくきれいに着られるのも若さがあるからでしょう。
もちろん、そのひとそのひとであう色は違うでしょうから、実際に自分にあててみて鏡をみたり、他の人の意見も大事にしたいものですよね。柄は落ち着いた上品なものを選べば、結婚式などでも着やすいのではないでしょうか。あまり流行に左右されない柄のほうがいいかと思います。
流行に関係ない柄のほうが長く着られるでしょうし、小物を流行のものにするだけでいいでしょうから。

ベースとなる着物は古典の模様などを選ぶといいかもしれませんね。古典ならば華やかさは存分にありつつも、流行とは無関係に着られるのでとてもいいと思います。
色も多様化していて、いろいろ選べるようになってきていると思いますが、定番の赤などは華やかさもかなりあるのでいいのではないでしょうか。桃色も女性らしく、柔らかさもでるのでいいですよね。また、赤や桃色でも柄や色の濃さなどでかなり印象が変わってくるので自分にぴったりあうお気に入りをみつけるといいでしょうね。せっかくですから長くたくさん着られるような色柄を選ぶといいでしょうね。結婚式などではきちんとして見える上にとても華やかできれいなのでどんどん着たほうがいいと思います。

お役立ち情報